2012.11.24

【競馬】ジャパンカップでオルフェーヴルを脅かすのは、この馬だ!

 普通に走ってくれば、この注目の2頭で決着するような気がしますが、何が起こるかわからないのが競馬です。馬券にしても、すべてが2頭で完結するわけではありません。そこで今回、「ヒモ穴馬」として取り上げたいのは、フェノーメノです。

 天皇賞・秋でも注目して見ていましたが、初めての古馬との対戦で、しかもGIという舞台でありながら、フェノーメノは4番手の好位から直線で外目をついて、自ら動いて勝ちにいくという“王道”の競馬を見せてくれました。結果的には、後方から内をついたエイシンフラッシュに出し抜けを食らったような感じで2着に敗れてしまいましたが、内容は勝ちに等しかったと思います。3歳馬とはいえ、現役トップクラスであることを十分に証明して見せたレースでした。

 そのうえ、エイシンフラッシュにかわされてから再び伸びていたように、フェノーメノにはまだまだ奥がありそう。一段と強くなる雰囲気があって、まさに「未完の大器」と言えます。この馬もまた、オルフェーヴルにどこまで迫ってくるのか、楽しみな存在です。

大西直宏も参加している【もっと競馬を楽しむための大人気サイト】はコチラ