2012.07.26

【競馬】ダービー馬を輩出した異色の牧場『パカパカファーム』の実態

  • 河合 力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Nikkan sports

 パカパカファームが所有する、オージーカンパニー、バブルドリーム、ラヴアンドバブルズ(バブルドリームの娘であり、ディープブリランテの母)などの繁殖牝馬は、近親に天皇賞馬バブルガムフェロー、菊花賞馬ザッツザプレンティなど多くの活躍馬がいる一族。「このファミリーラインは、とにかくサンデーサイレンス系種牡馬との相性が良い」とのことで、スウィーニィ氏はこの一族を輸入し、サンデーサイレンス系種牡馬を配合し続けた。ディープインパクト(父サンデーサイレンス)とラヴアンドバブルズの間に生まれたディープブリランテは、まさにスウィーニィ氏がこだわり続けた血統だったのだ。

 ラヴアンドバブルズは、昨年、今年と引き続きディープインパクトの子を産んでいる。「今年生まれた牝馬は、馬体が雄大で兄ディープブリランテにとても似ている」とスウィーニィ氏は評しており、先日行なわれたセレクトセールでは1億4500万の高値で落札された。また、昨年生まれた牡馬は、「ブリランテより父ディープインパクトに近い」とのことだ。

 日本の馬産地は、今まさに社台グループの“一強”体制。幾多の名馬を輩出してきた名門『メジロ牧場』なども昨年解散に追い込まれており、中小規模の牧場は厳しい戦いを強いられている。そんな中で、成長を続けるパカパカファームは稀有な存在だ。

 それでもスウィーニィ氏は「まだ本当の意味でパカパカファームのブランドは出来ていない。そのためには、もう1頭ダービー馬を出したい」と先を見据える。異色の牧場の快進撃はまだまだ続く。