2012.05.26

【競馬】ダービーで一発逆転を狙う、5頭の「刺客」

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • 村田利之●写真 photo by Murata Toshiyuki

 残る1頭は、皐月賞3着のディープブリランテ。2着のワールドエースとはコンマ1秒差だから、能力的にはトップレベルにあると言える。

 にもかかわらず、ダービーではそれほど人気になりそうもない。皐月賞も、その前のスプリングSも、さらにはその前の共同通信杯も、いずれもかかり気味に先行し、最後はあっさりと勝ち馬に差されている。そのレースぶりから、距離が2400mに延びるダービーでは、買い目が薄いと見られるためだ。

 だが、はたしてそうか。

 何より気になるのは、ここ3戦、同じような競馬をして同じように負けながら、福永騎手や内田博幸騎手と同様、クラシックの有力馬を「選べる立場」にあるはずの岩田康誠騎手が、まったくこの馬を手放そうとしないことだ。

 この点について、先の専門紙トラックマンが次のように語っている。

「それだけ、この馬の素質を見込んでいるということです。実際、新馬戦は出遅れながら5馬身差の圧勝だし、続く東スポ杯も3馬身差の完勝。あの時点で『ダービー候補』と言われましたからね。もともとの能力は高いんです。けれども、ここ3戦、なぜ勝てないかと言えば、前向きな気性をレースで生かし切ろうとして、あれこれ試しているからです。ディープ産駒では2400mは長いと言われたジェンティルドンナだって、終わってみればオークスを圧勝ですからね。陣営は、距離についてはまったく心配していません。あとは、ここ3戦で試したことが、ダービーで生きるかどうかでしょう」

 思えば、一昨年のダービーを制したエイシンフラッシュも、皐月賞で勝ったヴィクトワールピサには離されたものの、2着のヒルノダムールとはハナ差の3着。それなのに、ダービーは距離が長いとみられて7番人気でしかなかった。エイシンフラッシュも、うるさくてかかる馬だったから、そのあたりは実によくディープブリランテと似ている。この馬の大逆転の目も大いにある。

 かくして役者はそろい、競馬界最高峰の舞台は整った。さあ、いよいよダービーだ!