2012.03.02

【競馬】福永祐一が語る、牝馬クラシックへの自信
「ジョワドヴィーヴルが負ける姿をイメージできない」

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo

――それにしても、さすがは「牝馬の福永」と称されるだけあって、今年もいい牝馬との出会いがありました。

「本当にありがたいことです。それでも、昔はGIでチャンスのある馬に乗るには運に近いところもありましたが、今はリーディング上位にいられれば、そういう馬に乗せてもらえる時代。そういう意味で特に今年は、自分が『ここまで行ければいいな』と思い描いていたところまで来られて、3歳牝馬に限らず、3歳牡馬や古馬にも楽しみな馬に乗せていただいています。いい馬との出会いには、そういう背景もあると思います」

――さて、ジョワドヴィーヴルの今後について、少しお話を聞かせてください。課題があるとすれば、どんなところでしょうか?

「内からスルスルと行くような競馬をまだしていませんから、先々のことを考えると、いずれどこかで経験させないといけないでしょう。でも、現状の強さを考えると、その必要はないのかもしれません」

――距離についてはいかがですか?

「距離が伸びる分には、問題ないでしょう。(阪神JFの)1600mのあのスローペースでも、(前に行かせようと)手が動いていたくらいですから。馬の走るリズムを考えても、2000mくらいの、マイルよりももう少し長い距離のほうが合っているように思います」

――一部では「ダービーへ」という声も挙がっているようです。

「登録はしているみたいですね。でもそれは、僕がどうこう言うことではありませんから」

――何はともあれ、当面の大目標となるのは、桜花賞。ライバルと考えられるのは、同じディープインパクト産駒で、牡馬相手にシンザン記念を勝ったジェンティルドンナに、クイーンCを快勝したヴィルシーナ。あとは、阪神JF2着のアイムユアーズと3着のサウンドオブハートあたりでしょうか。ズバリ、勝算のほどはいかがですか?

「昔の阪神コースなら"紛れ"もあったので、レースぶりから、怖いのはジェンティルドンナかな、というのはありますが、今の阪神マイルの外回りコースは、直線が長いですし、不利も少なくて、ほぼ力通りの競馬で決着がつきます。あまり大きな声では言えませんが(笑)、そこで、ジョワドヴィーヴルが負ける姿というのは、イメージできないんです。普通に(コースを)回ってくれば、きっと勝てる。桜花賞には、それくらい強い気持ちで臨もうと思っています」

photo by Kouchi Shinji福永祐一(ふくなが・ゆういち)
1976年12月9日生まれ。滋賀県出身。2010年関西リーディングジョッキー(109勝)となり、2011年には全国リーディングジョッキー(133勝)を獲得。今季も早々に重賞勝ちを収めるなど、順調に勝ち星を積み重ねている。3月1日現在で、全国リーディング3位(20勝)。通算1363勝。