2021.10.05

「先駆者」勝みなみが日本女子オープンを制してまたも快挙。黄金世代はやっぱり強かった

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 さらにこの優勝によって、国内ツアーでは3年シードの権利も得た。米ツアー挑戦へのあと押しともなる。

「本当は今年、(米ツアーの)QTを受けようと思って、8月に調べたんですけど、ちょうど1週間前に閉め切られていて無理だった。それで『来年のQTを目指して頑張ろうかな』と考えていたところでしたから(この3年シードは大きい)。いずれはアメリカに行く方向で考えています。今は忙しくてなかなかできないけど、英語の勉強もちょっとずつやっていけたら」

 賞金女王レースのトップを走り、8月の東京五輪でも銀メダルを獲得した22歳の稲見萌寧や、今大会で3週連続Vを狙った2歳下の『ミレニアム世代』西村優菜ら、黄金世代よりも若いゴルファーの台頭も目立つなか、日本女子オープンでは渋野も5位タイに入って復調の兆しを見せた。また、前週には畑岡が米女子ツアー、ウォルマート NW アーカンソー選手権で優勝した。

 百花繚乱の女子ゴルフ界で、改めて「黄金世代強し」を印象づけた勝の優勝だった。

関連記事