2021.03.08

青木コーチから「卒業」した渋野日向子が激変。「攻めないゴルフ」も実践

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 女子ツアーの2021年初戦となるダイキンオーキッドレディス(沖縄県・琉球GC)を、渋野日向子は通算5アンダーの13位タイで終えた。

 2日目に通算6アンダーまで伸ばして5位タイに浮上しながら、3日目と悪天候に見舞われた最終日にスコアを伸ばせなかった。だが、およそ1年3カ月ぶりにギャラリーが入ったこともあり、ホールアウト後の渋野の表情は思いのほか明るかった。

「途中で投げ出したくなるような思いをすることもありましたけど、ギャラリーがいてくれたからこそのバーディーもあったと思う。久しぶりにみなさんの前でプレーできたこの1週間は、本当に楽しかったです」

今年初戦のダイキンオーキッドレディスを13位タイで終えた渋野日向子今年初戦のダイキンオーキッドレディスを13位タイで終えた渋野日向子  昨年12月に全米女子オープンに出場(4位)してから3カ月――。初日から、渋野にははっきりとわかる"変化"があった。

 まずはスイングだ。以前よりも明らかにバックスイングをコンパクトにした横振りになっていた。初日のラウンド後、渋野はスイング改造中であることを公言した。

「狙いは安定感。再現性の高いショットが打てるように、トップの位置を気にしています。今まで高めに上げていたのをちょっと低めに、トップに(クラブを)上げた時に、自分の肩よりも手が上がらないようにしています。そして、スイングは縦振りではなく横振りで、円っぽい動きを目指しています。それによって左へのミスが消えるので」