2020.10.09

永井花奈がお悩み解決。ダフり、
トップをなくす50ヤードのアプローチ

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

◆ダフり、トップをなくすスイング

バックスイングでは右ヒジが体から離れないようにするバックスイングでは右ヒジが体から離れないようにする  50ヤードのアプローチで大事なことは、バックスイングで右ヒジが体から離れないように、コンパクトなトップを作る、ということです。そして、手が右肩の高さに達したら、そこから体の回転で、体とクラブを一体感をもって下します。そうすると、腕に余計な力が入らず、クラブの軌道が安定。インパクトで確実にボールをヒットすることができます。

×

バックスイングで右ヒジが体から離れるとミスが出やすいバックスイングで右ヒジが体から離れるとミスが出やすい  右ヒジが体から離れたトップを作ってしまうと、ダウンスイングで右ヒジが伸びて、インパクトの前にヘッドが落ちてしまうので、ダフりやトップになりやすくなります。

永井花奈(ながい・かな)
1997年6月16日生まれ。東京都出身。身長155cm。血液型A。
2019年シーズン賞金ランキング36位。ツアー通算1勝。

関連記事