2020.09.25

永井花奈がアマチュアの悩みを解消。
ドライバーのスライスを直す方法

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

◆スライスをなくすスイング
 スライスが出ない、正しいスイングのトップがこちらです。左肩に貼ってあるワッペンの位置で、違いがわかると思います。


 この写真のトップくらい左肩が入った場合は、ダウンスイングからインパクトまでに時間があるので、体も、フェースも、あまり開くことなくボールをとらえることができ、スライスになりにくいんです。

×

 でも、前頁でも示した上の写真のように、トップにおける左肩の入りが浅いと、トップからインパクトまでの時間が短くなるので、クラブが戻ってくる前、つまり、フェースが開いたままボールをとらえてしまうので、スライスになるんです。

 トップで左肩が入らない原因は、バックスイングでボールをじっと見ながら、クラブを手で上げてしまうからです。

 直し方は、手先ではなく、下半身や肩などの大きな筋肉を使って、体全体でクラブを上げていくようにしてください。

 前回、歩くようにスイングするというお話をさせていただきましたが、まさしくそのとおり、バックスイングで右足を踏み込んで右に体重を乗せ、それと同時に、左肩をグッと回して、深いトップを作ってみてください。