2020.09.03

【木村和久連載】感染対策、格安パック…。
最近のゴルフ旅行の諸事情

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 今ほど酷くはありませんでしたが、沖縄に行った時は、我々も少なからずびくびくしておりました。いきなり驚かされたのが、飛行機の座席です。これだけ新型コロナウイルスの感染拡大が騒がれているのに、まったく座席の間隔を空けておらず、どこも隣の席に人がいる状態でした。

「飛行機は2、3分で機内の空気が入れ替わって、換気がいいので安全です」みたいなことを言うけど、それだけ空気の流れが激しいってことでしょ。誰かが咳やくしゃみをしても大丈夫なのか? そこら辺の仕組みがよくわからないので、ちょっと心配になりました。

 そんなことを思っていたら、実際に国内線の機内において、座席の前後にいた人から新型コロナウイルスに感染した、というニュースが飛び込んできました。やっぱり、感染リスクがあるじゃん。

 そう考えると、東宝系の映画館の座席配置は理想的かもしれません。同シアターでは、感染予防対策として、1席空けてお客さんを座らせています。加えて、換気についても、きちんと対策が施されているそうです。

 ならば、飛行機も座席を1席ずつ空けて、お客さんを座らせたほうがいいと思うのですが、座席の半分を空けて運航したら、激安運賃客&マイル客ばかりで、航空会社はものすごく赤字になってしまいます。だから、お客さんがいる時は、どんどん詰め込めざるを得ないんですな。

 結果、沖縄行きの便は、9割以上の座席が埋まっていました。偶然、私の隣の席には人がいなかったので、ラッキーでしたけど。

 帰りは、仕事が早く片付いたので、早めの便にチェンジすることにしました。それで、席を取り直すことにしたのですが、カウンターの職員の方が「(同行者)3人、横並びの席をお取りしました」なんて言うから、ちょっと面食らってしまいました。

 それをやったら、"3密"になるじゃん。それは、勘弁してよ......。