2020.08.06

【木村和久連載】実際のところ、
名門コースと大衆コースは何が違うの?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 名門コースは、ゴルフウエアに着替えても、誰かに監視されているような気がして、心穏やかではありません。現に過去に何回か、見知らぬメンバーさんから「キミ、ちょっとその服装はまずいんだよね」と言われたことがあります。

 この歳になって、服装を注意されるとは......。だいたい、こっちは大学を卒業してから、一度も企業に就職したことがないので、服装はどういったものがいいのか、よくわからないのです。「自分は名門コースに向いていないのだな」と、つくづく思いました。

 最後になりましたが、ちなみに腕前はどうなのか?

 そりゃ、広々としたコースで、何千人も会員がいる大衆コースのほうが、日頃からメンバーさんたちが切磋琢磨しているので、総じて上手いと思います。

 腕を磨くなら、大衆コース。メンバーでいることを自慢したいなら、名門コース。そんな感じでしょうか。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事