2020.06.30

渡邉彩香、大器の復活V。涙の裏には
最大の武器が生んだ苦悩があった

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images/JLPGA提供

 長く渡邉を苦しめていたのは、かつて平均270ヤード飛ばしていたドライバーだった。

「ここ数年は、ティーショットの不安が大きくて。自分の持ち味のドライバーを気持ちよく振れないことが不調の要因だった。

 もともとフェードボールが持ち球ですが、リオ五輪の代表になれなかったことで、『もっとこうしたい、ああしたい』と自分に足りない部分ばかり浮かんでしまった。フェードの幅を狭めてストレートっぽく打ちたいという気持ちが出てきて、それが迷いにつながっていた。

 このオフは、改めてフェードボールの徹底に取り組んで、どんな場面でもどんな状況でもしっかり左に出して、右に曲げることを徹底的に練習してきました。本来の開幕戦の頃(3月)には、いい感じに打てるようになっていました」

 リオ五輪の代表を逃したあと、渡邉は密かに東京五輪へと気持ちを切り換えていた。

「リオの悔しさを晴らしたいというのがずっとあった。今はかけ離れて遠い目標なんですが、東京五輪が来年に延びたということは、もしかしたら、何か運が私についているのかもしれない。一生懸命がんばりたい」

 これからに向けて、「一生懸命」という有り体な言葉を選んだところに、渡邉の純朴で実直な人柄が表れている気がした。

関連記事