2019.12.19

【木村和久連載】プロツアーを含めた
ゴルフ業界が儲かる方法はあるか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 結局、野球って「2アウト満塁。カウント2-3」みたいな時に集中して見ればいいわけで、あとは飲み食いしていても大丈夫なんですな。

 ゴルフも、選手がショットやパットを打つ以外は結構時間があるわけで、こうした野球場における工夫を、うまくゴルフ場にも転化できないものか、と思っています。

(2)ゴルフ場への観客動員
 なんで、ゴルフの試合に人が来ないのか?

 そもそも会場が僻地にあり、交通の便が悪いからです。だから、都会の交通の便がいいところにコースを造ればいいんですが、それはさすがに現実的ではありません。ならば、近郊のコースを改造して、スタジアム化したら、どうでしょうか。

 アメリカ・アリゾナ州にあるTPCスコッツデールは、PGAツアーのフェニックスオープンの開催地として有名です。トーナメントが開催される1週間の総入場者数は、60~70万人と言われています。

 圧巻なのは、同コースの象徴でもある16番ショートホール。360度観客席に囲まれていて、まさに野球のスタジアムのよう。そこだけで、およそ2万人を収容できると言われています。

 このレベルは大げさでしょうが、交通の便がよろしい地域に、4日間で10万人ぐらい集客できるコースを造ってみては? と思うのです。

 ちなみに、日本のツアー最高入場者数(4日間)は、1992年の中日クラウンズで、6万1530人です。その数字を見れば、10万人の入場者数も、決して不可能じゃないですよね。

 簡易施設のスタジアムを常設し、その施設内には売店やレストランがあって、水洗&洋式&エアコン付きのトイレが100台ほど設置してあるといいでしょうね。

 そして、日本のツアーなら、男子、女子、シニアの3大ツアーのトーナメントを、毎年必ず1試合は開催する。あとはコンサートなどのイベントにも使ってもらい、スケジュールが空いている時に、一般に開放すれば問題ないでしょう。

 こういうコースを造るか、立地のいいどこかのコースを改造すれば、そのコースの認知度が上がり、プロトーナメントの動員数もアップするんじゃないですか。


ゴルフで格闘することはありませんが、これくらいの臨場感があったら面白いでしょうね