2019.11.28

【木村和久連載】突然のラウンドにも対応。
貸しクラブを利用しよう!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

(6)靴はスパイクレス
 最近、ゴルフシューズがスパイクレスになっていて、ゴルフシューズなのか、タウンシューズなのか、見分けがつかなくなっています。それを逆手にとって、家を出る時から、革靴風のスパイクレス・ゴルフシューズで出張に出かけるのもありかな、と。

 ときどきコースのエントランスで、靴をチェックするところもありますが、今はほとんどありません。私なんか、まったく気づかずにスニーカーのままで1番ホールのティーショットを打っていましたから。そこで、「あれ? なんかおかしいなぁ~、足が滑るんだけど……」と思って、ゴルフシューズに履き替えていなかったことに気づきましたからね。

 スパイクレスのゴルフシューズを履いていれば、荷物にもなりません。あと、持っていくのは、ポロシャツぐらいですか。

 それなら、実にラクチン、気軽にふとゴルフができますね。

 お~っと、グローブやボール、ティなどの小物類を忘れてはいけません。そこは、しっかり持っていきましょうね。

 それでは、みなさん、ハヴァナイスデイ!

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事