2019.11.21

【木村和久連載】第4次ブーム到来か。
日本のゴルフブームを検証する

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

◆第4次ブーム
 渋野選手が全英女子オープン優勝! 

 そのニュースを聞いた時は、青天の霹靂でした。上位争いに加わっていたけど、まさか優勝とは……という感じでした。

 思えば、日本では若い女子選手たちが凄まじい活躍を見せています。1998年度生まれの「黄金世代」と言われる選手たちが、週替わりでツアー優勝。その姿を見ていると、非常に層が厚いことに気づかされます。

 彼女たちは、間違いなく”藍ちゃんブーム”に乗った、当時ジュニアゴルファーだった人たちです。要は、小柄な宮里選手がスーパーアプローチとパットで優勝を重ねていくなか、それを見ていたお父さんたちが、「うちの娘でもプロになって稼げるかもしれない」と思って、ゴルフを始めさせたんですな。

 また、女子プロ人気という点では、新人選手応援番組でもある『ゴルフサバイバル』(BS日テレ/毎週金曜日21:00~22:00放送)の影響もデカいと思います。

 10人の若手女子プロゴルファーが、1ホールごとに脱落していくのは、まさに心震わせる”ドキュメンタリー”です。悔し涙を流す選手もいれば、一度も涙を見せず、カラッと笑って優勝をかっさらっていく選手もいて、”リアルドラマ”としても非常に面白いです。

 こうして、女子プロツアーのトーナメント中継は、以前は6~7%だった視聴率が、”シブコ効果”などが相まって、12~13%まで急上昇。ゴルフ雑誌も、何年ぶりかに部数増加の傾向に変わりました。

「第4次ゴルフブーム」は到来しているのか!? 確実に、第4次ゴルフブームは来ています。

 あとは、「黄金世代」の女子選手から、さらに海外メジャーでの優勝者が出るか、あるいは米女子ツアーで活躍選手がたくさん現れるか、ですね。