2019.11.20

渋野日向子が示した新たな決意。
賞金女王へ再び「奇跡」は起こるか

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 いまだ衰えることのない"シブコフィーバー"。伊藤園レディスでも、渋野の組は多くのギャラリーに取り囲まれていた。今や、そんな状況にも慣れてきたのか、渋野のプレーには余裕が感じられた。大ギャラリーに囲まれてのプレーを楽しんでいるようにも見えた。

 渋野はそこから、さらなる高みに挑むことになる。ならば、わずかな可能性であっても、最後まであきらめずに賞金女王の座を目指してほしい。

 ここ一番で圧倒的な強さを誇る鈴木愛。史上初の日米韓3ツアーの賞金女王獲得を狙う申ジエ。まさにツアー屈指の面々がライバルとなるが、その壁を打ち破って、世界に名を馳せた"スマイルシンデレラ"が最高の笑顔を見せてくれることを、多くのファンが待ち望んでいる。

関連記事