2019.11.07

【木村和久連載】東京五輪の
会場変更問題。ゴルフ会場も再考しては?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 ここまで来ると、霞ヶ関CCのほうも、引くに引けない状況なんだと思います。突っ張ってはいけるけど、「もし大量のリタイヤが出たらどうしよう……」と、内心ハラハラしているはずです。

 誰か、霞ヶ関CCをラクにさせてやってください。

●究極の一手
 ここで、ゴルフ会場を霞ヶ関CCから北海道へ移す”究極の一手”があります。それは、霞ヶ関CCが「ゴルフ会場の受け入れを辞退」――そう宣言をすればいいのです。

「オリンピック開催時は酷暑が予想され、選手およびギャラリーの健康&体調管理ができませんので、会場になることを辞退します」と、言えばいいのです。

 すなわち、徳川慶喜が行なった「大政奉還」です。

 さすれば、「これは仕方がない。じゃあ、ゴルフ会場も北海道に移すか」と、話は簡単にまとまります。

 けど、頑なになっている霞ヶ関CCですから、ここはぜひとも坂本龍馬的な人物の登場が望ましいところです。

「今一度、東京五輪のゴルフ会場を洗い直したい候」

 そんなことをバッハさんが言えば済む話です。誰か、彼の耳元で囁いてくれませんかねぇ……。

 とにかく、ゴルフの試合中、熱中症の人を多数出したくないんです。今はただ、それだけを願うばかりです。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事