2019.10.27

渋野日向子は「吸い取られ」気分。
「もう一つの戦い」へチャージの予感

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

 だが、渋野のシーズン最大のライバルは、テレサ・ルーではない。優勝は遠のいたとしても、落胆している場合ではない。目標とする賞金女王の座を争う、申ジエとの戦いがある。

「私的には(最終的に)ふた桁アンダーまで持っていきたいと思っています。そうなった時、結果(2人の差)がどうなるか……」

 最終日、3日目を終えて通算8アンダー、4位タイの申ジエと、通算6アンダー、9位タイの渋野との戦いも見ものとなる。

「64」のビッグスコアを叩き出し、渋野に引導を渡すことになったテレサ・ルーは、渋野とのラウンドについてこう振り返った。

「(渋野のゴルフは)近くで見ていて楽しい。サバサバしているプレースタイルがすごくいい。私も勉強になります」

 最終日、そのサバサバとしたプレーで、渋野はどこまで這い上がっていけるか。吸い取られたエネルギーを回復させることはできるのか。順番的には、渋野の”チャージの日”が来るような気がする。

関連記事