2019.09.05

【木村和久連載】渋野日向子、
「数字の取れる選手」がついに降臨

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 そういえば、渋野選手が全英女子オープンで優勝した直後、彼女のVTRを見たあとの松山英樹選手の感想が面白かったですね。ゴルフサイトの『GDOニュース』でこう伝えられていました。

「最近は笑うようにしています。そうしたほうがプラスになるかなぁ」

 やや仏頂面でプレーしていることが多い松山選手。ちゃんと自分のキャラを変えようと努力しているところが素晴らしいです。

 さらに松山選手は、渋野選手の全英女子オープンにおける、最後のおよそ5mのウイニングパットにも驚きの反応を見せて、「オレなら1mのショートですよ」と自嘲気味に語っていたそうです。続けて、「日頃から、ああいうパットが打てるところがすごい」と、絶賛しまくりです。

 松山選手は、今自分が置かれている立場を十分に理解しているし、やるべきこともわかっています。それを踏まえて、世界で活躍するって、ほんと難しいんですよね。

 一方、日本男子ゴルフ界のトップスターである石川遼選手。もちろん日頃から応援させてもらっていますが、最近その映り方が源義経的で、応援していることが”判官びいき”のように感じるんですよね。

 賞金王に輝いた華々しい栄光を背負って、鳴り物入りで米ツアーに参戦。しかし、その世界の舞台ではパッとせず。その後、日本ツアーに復帰したものの、腰痛やスランプなどによって苦しい時期を過ごしてきました。

 けど、実はまだ若い。「第2次黄金世代」を築いてほしいと思いますけど、いろんな苦悩を抱えるその姿に、なんかね、腫れ物に触るような感じの応援になっているというか、見ていてちょっとツラくなる時があるんですよ。

 それは、感情移入しているからかもしれないですけど、本来ならこの人は、マスターズで優勝争いをすべき人だと思うと、悲壮感がすごく漂ってくるんですよね。

 そうした状況にあって、颯爽と現われたのが、渋野選手です。ルックス、20歳という若さ、しかも社交的で屈託のない笑顔……これは、宮里藍選手が登場した時以上の衝撃です。

 何がすごいかって、「ゴルフは楽しいものだ」ということを、行動で表わしている。こんな選手は見たことないです。とくにアマチュアゴルファーには、大いなる共感を呼んだことでしょう。