2019.08.01

【木村和久連載】激増するセルフプレーでの
「特別ルール」の設定を!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 あと、セルフプレーにおけるエクスキューズのルールを加えるとしたら、以下のようなものでしょうか。

・スルーザグリーン6インチプレース

 これは、毎回6インチ動かすんじゃなくて、ディボット跡や、木の根などにボールが挟まった場合のみです。ハーフで2回まで、6インチ動かせるルールでもいいですね。そういうのは、プライベートルールとして、スタート前に同伴競技者同士で決めればいいと思います。

・明らかにセーフな場所でのロストボールの処理
 ボールの行方を見ていて、明らかにセーフな場所にボールが飛んだとしましょう。でも、ボールが飛んだ場所に行ってみると、ヘビーラフや枯れ葉のせいで、なかなかボールが見つからない、といったことがしばしばあります。

 その際、「あ~、もうボール探しの時間が経過してしまったぁ......」となって、泣く泣く2ペナ払って打ち直すのはどう思います? これも、同伴競技者とローカルルールを決めて、明らかにセーフの場所でロストボールになった場合は、1ペナとかにすればいいのではないでしょうか。

 セルフプレーが増えれば、ボール探しの弊害が増します。ほんとはセルフプレーのルールやマナーを誰かが決めて、啓蒙してくれるとありがたいんですが......。有識者か、ゴルフ関係者のみなさん、ご検討をお願いしますね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事