2019.06.13

松山英樹、きっかけをつかむ。
全米OPで「王者のゴルフ」に変身か

  • 三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

 その時から、全米オープンの"常識"が変わった。それが、選手たちの姿勢だけでなく、全米ゴルフ協会の、コースセッティングのスタッフたちの姿勢まで変えてしまった。

 そのスタッフたちは今年、ケプカ、ウッズ、マキロイら異次元の選手たちを、どうねじ伏せようとしているのだろうか。それも興味深い。しかし、あくまでも主役は難コースに挑み、戴冠を目指す選手たちである。

 もちろん、松山もその主役となり得るひとりである。今の状態ならば、ペブルビーチGLを攻略できるだけのポテンシャルが十分に備わっているからだ。

 松山の他に日本からは、今平周吾、堀川未来夢、市原弘大が参加する。今平は2年ぶり2度目。堀川、市原は初挑戦となる。彼らのプレーぶりにも注目したい。

関連記事