2019.06.06

【木村和久連載】スコアなんて関係なし。
ラウンドバトルを制する方法

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第208回

 いつも、ポチ扱いされているみなさん、仕返しの時がやって来ました!

 ゴルフって、下手だとうまい相手に見下されますよね。こっちががんばってうまくなっても、相手も負けまいと努力するから、なかなか差が縮まらない。それを「切磋琢磨」と言いますが、非常に疲れます。

 そこで、腕前以外で威張るにはどうしたいいか、を考えてみます。

 まず参考にするのは、最近話題を振りまいているZOZOの前澤友作社長です。

 今年の秋、PGAツアーの『ZOZO CHAMPIONSHIP』(10月24日~27日/千葉県)が開催されることとなり、タイガー・ウッズ選手も日本にやって来ます。その立役者が、前澤社長です。

 最近、業績が芳しくないようで、所蔵していた絵画などを売っていますが、今が踏ん張り時。ぜひとも、PGAツアーを成功に導いてください。

 そんな前澤社長、PGAツアー開催発表のセレモニーの際には、世界の青木功プロ(日本ゴルフツアー機構会長)をはじめ、日本のゴルフ界の重鎮たちと肩を並べてテレビに映っていました。スポンサーだから気を遣われて、VIP扱いでしたね。あれは、本当に羨ましかったなぁ~。

 というわけで、我々が腕前とは関係なく、チヤホヤされるにはどうしたらいいでしょうか?

 なぜ、そんなアホな考えを思いついたかと言えば、アマチュアゴルファーは軍鶏の喧嘩みたいなもので、出会い頭からマウンティングばっかりです。

「おまえ、ハンデいくつ?」
「12だよ」
「あれで、12かよ。俺は14だけど、おまえよりうまいぜ。どうせ、甘っちょろいコースのメンバーだろ」
「ふざけんな、だったらスクラッチで勝負だ」

 こんな感じで、バトルが勃発しがちです。我々アマチュアゴルファーとしては、このような”目くそ鼻くそ”の戦いに巻き込まれたくありません。もっとゆったりした気分で、優越感に浸りたい――そう思って、スコアでは競わない”前澤戦法”を参考にしたいのです。

 では、具体的にはどうすればいいか。