2019.04.25

【木村和久連載】快適なゴルフを
楽しむために、徹底すべきトイレ対策

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

急にもよおしてきたら、確かにプレーどころではありませんからね... つまり、ゴルフ場のレイアウトって、複雑に配置されていますよね。それに照らし合わせて、現状あるインフラでいいから"トイレハザードマップ"を作るわけです。そうすれば、簡単にトイレ探しができるのです。

 正直言って、トイレに行きたくなったら、プレーどころではありません。そのホールをギブアップしてもいいから、出すものを出したい――そういう気持ちです。そんなストレスを、できるだけ解消できるような環境を整えていければな、と思うわけです。

 さて、なんだかんだやって、ハーフをうまく切り抜けたところで、今度は昼休みがやってきます。

 この時、朝のうちに1日の排便を済ましている場合は、何ら構うことはありません。カツ丼だろうが、ビールだろうが、キャベツのハルピン漬けだろうが、好きに食べてください。

 しかし、朝から直腸の辺りで"排便攻防戦"がこう着状態になっている。あるいは、排便はしたけど、通常の半分程度だった方は、昼食は軽めにしたほうがいいでしょう。

 天ぷらそばとか、サンドウィッチとかね。ガッツリ食うと、午後のプレーでお腹が圧迫されて、トイレ探しをするはめになりますよ。

 とまあ、このように排便スケジュールを管理してゴルフをやり出したら、トイレで大騒ぎするようなことは皆無になりました。