2018.09.28

【木村和久連載】セルフか、
キャディー付きか、どっちがいいですか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

(3)クラブを持って歩く
 セルフプレーの場合、打ったら何本か自分でクラブを持って、ボールの落下点へと向かいます。

 キャディー付きプレーの場合、アプローチなら、キャディーさんがウエッジ類を何本か持ってきてくれます。

 ところが、こっちはサンドウエッジを2本入れていて、しかも残り30ヤードなら、ピッチング、あるいはロフト40度のUTを使うかもしれない。ほんと、面倒くさい男ですみません......。

 だから、キャディーさんが勝手にクラブをセレクトして何本か持ってきてもらっても困るのです。押しに弱い性格なので、キャディーさんがせっかく持ってきてくれたなら、申し訳なくて、それを使ってしまうからです。

 その挙句、チャックリをやらかしてしまう。このやるせない怒りをどこにぶつけましょうか。

 ほんと、セルフプレーのほうが、なんぼ気楽なことか。

(4)バンカーをならす
 これはねぇ~、キャディーさんがいたほうがいいし、キャディーさんがいるコースのほうが、断然いいですよね。

 まず、バンカーで3回ぐらい打っても出なかったとしましょう。その後、やっと脱出できて、青い顔してバンカーから上がってきても、キャディーさんがバンカーをならしてくれますから。精神的なダメージを受けているときですから、非常に助かります。

 また、キャディーさんがたくさんいるコースは、バンカーが常にならされています。おかげで、靴の踏み跡などが少なくて助かります。

 これがセルフプレーばっかりのコースは、特に夕方、バンカーが靴跡だらけ。そんなところにボールが転がり込んだりしたら、もはや"ムンクの叫び"状態です。