2018.07.19

【木村和久連載】「それはゴルフじゃない」
と言われたことありますか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 たしかに2008年以降、月例などのクラブ競技は、SLEルール適合クラブ(低反発クラブ)を使わないといけないのですが、別に入賞資格はなくていいから、高反発クラブを使用していても、プレーに参加するぐらいはいいじゃないですか、って思うんですよね。

クラブ1本のことで、そこまで言われたくないですよね... 東京マラソンやハワイのホノルルマラソンなどでは、こんな光景をよく見ます。それは、着ぐるみやコスプレをして参加している人です。しかも、そういう方が実にたくさんいます。

 こうした大都市で行なわれるマラソンは、その多くは国際大会で、世界記録が達成されれば、ちゃんと歴史に刻まれるんですよ。先頭でスタートしていく招待選手たちが好成績を出せば、そのニュースは世界中に報道されます。

 そんな"激闘"の傍らで、『ふなっしー』みたいな着ぐるみを着た人たちがノロノロと走っていたりするわけです。いやぁ~、それはまた、実に見事な多様性だと思いませんか。

 その他、スキー場の夏スキーなどでは、Tシャツに短パン姿で滑っている人が大勢いるでしょ。ひどいと水着ですから。

 だからって、「おまえら、服装がなっておらん!」と、監視員が怒鳴り込んできたりしませんよね。まあ、スキー客のほとんどはゼッケンも付けずに、ただ上から滑ってくるだけですから、もともとルールも、服装もないんですが......。