2018.06.17

14年前の全米オープン。丸山茂樹は
絶望的コースをどう攻略したのか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 さて今年、14年ぶりにシネコックヒルズGCを訪れた丸山。コースに立つと、「ここに来たかった。この辺から打ったなぁ~とか、あのときの戦いを思い出す」と、当時の激闘を振り返りながら懐かしそうに語った。

 そして、丸山はこう続けた。

「やっぱり自分ががんばれたところで、14年経った今、みんながどんなふうに”新しいゴルフ”をするのかを見たい。でも、今さらながら、このコースは本当にタフだな、と思う」

 戦いのカギは「風」だと、大会スタート前に話していた。

「2004年の決勝ラウンドのような風が吹いたら、(このコースは)本当に厳しくなる。だけど、当時よりグリーンはずっと軟らかいから、風がなければ5アンダーぐらいは出ると思う」

 今年も”風”が勝者を決めるのか。選手たちにとって全米オープンは、やはりコースとの戦いだ。

◆「天気次第で…」全米オープン、松山英樹に反撃の準備はできている>>

◆「隠れ美女ゴルファー」ジョン・ジェウン、別人のように好成績な秘密>>

関連記事