2018.06.15

【木村和久連載】朝ドラ好きゴルファーよ、
『半分、青い。』を攻略せよ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

(3)半分青い芝の攻略
 ゴルフは今の時期、芝が生えそろっていて、ふかふかした平らなライでショットを打ったら「さぞかし気持ちがいいだろうなぁ~」って思いますよね。それは、ミスする確率が低いからです。

 逆に考えれば、芝がハゲている"半分青い芝"だったら、それはちゃっくりをやったりして、ミスの確率は増します。

 要は、ゴルフとは半分青い芝をいかに攻略するかがカギと言えます。

芝がまばらだと、なかなかうまく打てないものなんですよね...芝がまばらだと、なかなかうまく打てないものなんですよね...  じゃあ、半分青い芝をどうやって攻略するか?

 以前取材で、難しいライの打ち方をレッスンプロに聞いたことがあります。師、のたまわく「これといって正解はない。ただひたすら打って、自分でコツをつかむしかないです」と。

 具体的にやったのは、練習場でややハゲた芝から、20ヤードぐらい先を目標にしてサンドウェッジで打ちました。

 そして、10球ぐらい打ったところで場所を変えようと思ったら、「いや、同じところから打ってください」と先生は言います。「え~、だって地面が窪んでいますよ」と言うや、先生が見本として、そこから打ってみせてくれました。

 そうやって、ほぼ同じ場所で、何度も何度も打つのです。そうすると、確かに高いボールにはなりませんが、低い球で何とか前に出せるといった感じでしょうか。そんなショットは打てるようになりました。