2018.06.11

PGAツアーが新契約。来季、
松山英樹のプレーはどこで放映されるか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 今やアメリカの大手メディアとなったディスカバリー社は、1980年代にアメリカ国内でケーブルテレビ(有料放送)の放映をスタート。開始当初の『ディスカバリー・チャンネル』は、主にサイエンス(科学)やテクノロジーのドキュメント番組を放送して人気を博した。

 以降、1990年代に入ってからは、『アニマル・プラネット』『ディスカバリー・トラベル』『インベスティゲーション・ディスカバリー(犯罪捜査)』など、ドキュメント番組を次々に作り出し、一段と人気を拡大していった。

 そうして2000年代に入ると、スポーツ界にも参入。2008年には、サッカーやテニス、F1を含めたモータースポーツなど、欧州全域で人気のスポーツを放映する『ユーロスポーツ』を開始した。これらスポーツイベントに関しては、テレビによるライブ放送にとどまらず、インターネットによるライブ配信によって多くの視聴者獲得に成功している。

 この『ユーロスポーツ』は、欧州におけるオリンピックの放映・配信権(2018年~2024年)も持っており、先の平昌五輪も欧州全域に独占配信。2年後の東京五輪の模様も、欧州の視聴者には『ユーロスポーツ』を通じて届けられることになる。

 ディスカバリー社の強みは、”OTT”に優れていること。OTTとは「Over the Top」の略で、You Tube(ユーチューブ)やHulu(フールー)、Netflix(ネットフリックス)、そしてFacebook、Twitterなどネット上で動画や音声を提供すること。ディスカバリー社も同様にパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器で独自のアプリを通じて視聴できるサービスに長けている。