2018.06.07

【木村和久連載】大谷のMLBと
松山のPGAツアー、興奮するのは?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 ちなみに、感情移入と言えば、女子プロを応援するファンもそうでしょう。やはり男性ファンが多いのですが、彼らが、きれいで、上手な女子プロに感情移入するってことです。オジさんの理想の娘なのか、嫁なのか知りませんが、感情移入度としては、男子プロよりも大きいかもしれません。

(3)PGAツアーは松山選手の活躍次第
 さて、気になるPGAツアーの中継ですが、最近は松山選手が優勝争いに加わることが減ってきて、ぼんやり見ていました。

 それでも先日、TPCソーグラスで行なわれていたプレーヤーズ選手権では、"名物ホール"17番(パー3)のアイランドグリーンの攻防を見ながら、あんぐり。あそこでティーショットを打つのは、たとえプロでも生きた心地がしないでしょうね。

 だいたい1試合で30~40個のボールが池ポチャするって、ありえないですよ。そんなですから、昔ここで優勝した選手が、設計したピート・ダイに向かって「よくも苦しめたな」と言って、池に道連れダイブをしたことがあるそうです。選手の気持ちがよくわかりますなぁ~。

 ともあれ、PGAツアーでの楽しみは、なんと言っても松山選手の活躍。もちろん、松山選手が上位に絡まなくても、PGAツアーにはロリー・マキロイやダスティン・ジョンソン、ジョーダン・スピース、リッキー・ファウラーなど、ナイスガイはたくさんいます。そうした選手たちのプレーも見応えがあるのですが、やはり日本人目線で言えば、そんな彼らを、松山選手が接戦の末にやっつける――そういうシーンを見て楽しみたいのです。

 ぜひとも、松山選手の復調を期待しております。

MLBでもPGAでも、期待するのは日本人選手の活躍なんですよねMLBでもPGAでも、期待するのは日本人選手の活躍なんですよね