2018.05.24

【木村和久連載】おトクで楽しい、
プロトーナメントの「現地観戦術」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

「いやいや、接戦だし、最後まで見届けるのが試合ってもんだろ」という方は、表彰式が終わっても、さらに会場に粘って居座りましょう。サプライズでいいことが起こるかもしれませんし。

 思い返せば、2001年のワールドカップ。タイガー・ウッズがやって来て、太平洋クラブ御殿場コースで行なわれた試合を見に行ったときのことです。

 試合が終わって、すでに周囲は真っ暗。11月の御殿場は日没も早いです。

 そろそろ帰ろうかと思っていたら、知り合いのHさんというテレビ局の人がこんなことを言うのです。

「タイガーはナイキと契約しているから、帰りは必ずナイキブースに立ち寄るんだよ。それが、契約ってもんだ」と。

 それを見届けようと言うのですが、「そうですか……。でも、もう暗いし寒いので、私は帰ります」と言って、すたこら御殿場から退散しました。

 すると後日、そのHさんと会ったときに見せてくれたのが、タイガー・ウッズと握手しながら、ツーショット写真で収まっているHさんの姿でした。

 本当に来たんだ。外が真っ暗になっているなか、ナイキのブースにいたのは数人だったようで、タイガーとの写真は撮り放題だったそうです。

 やられたぁ~。あのタイガーとのツーショット写真さえあったら、どこぞの市議会議員ぐらいにはなれたかもぉ~……。そうやって、地団駄を踏んで、悔しがったのでありました。

 というわけで、”果報は寝て待て”と言われているように、プロのトーナメントでもギリギリまで粘れば、何かいいことがあるかもです。

 ただしその挙句、シャトルバスの運行が終わって途方に暮れても、当方は責任を負えませんのであしからず。

◆酒とタバコとニギリ。日本のゴルフ文化のルーツに迫る>>

◆不仲説から戦友へ。ウッズとミケルソンが明かす、それぞれへの思い>>

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『ヘボの流儀~叩いても楽しいゴルフの極意』3月5日発売
詳細はこちら>

関連記事