2018.05.24

【木村和久連載】おトクで楽しい、
プロトーナメントの「現地観戦術」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

(2)会場入り前にトイレは済ませておく
 トーナメント会場の何が嫌かって、工事現場にあるような仮設トイレです。できれば、あれはやめてほしいところです。

 通常のクラブハウスのトイレは関係者しか使えません。そういうことも知らないで、ハイヒールを履いたイケイケのお姉ちゃんを連れていったら大変ですよ。トイレを見た瞬間、ぶんむくれて「このオヤジ、使えねぇ~」ってなるのがオチですから。

 特に夏場、仮設トイレにエアコンなんてありませんから。あそこに入って、匂いが充満するなか、用を足したくないですね。だから、誰と行くにせよ、できるだけトイレは済ませてから、会場入りしたほうがいいですよ。

(3)アトラクションやショップは万遍なく回る
 トーナメント会場に入場したら、まずは入口で配られたチラシやビニール袋の中身などをチェックしましょう。わりとお得なチケットが入っていたりします。

 その他、大会スポンサーのサンプル品やキャップ類なども入っていて、多くは無料でもらえます。もらえるものは、全部いただいて帰りましょう。

 そういう意味では、場内に設置されたショップなども、のぞいてみるといいかもしれません。試供品を配っていたり、ドリンクサービスがあったりもしますからね。

 加えて、パターコンテストみたいな、アトラクションにも参加しましょう。参加賞だけでも、十分にうれしいものがもらえますよ。