2018.04.14

苦難のマスターズ。宮里優作、池田勇太、
それぞれがハマった落とし穴

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

「経験したことがないことが多く、難しかった」

 そう振り返った宮里が強烈な"罠"にハマッたのは、初日の15番パー5だった。そこまで我慢のプレーをしていたが、このホールでトリプルボギーの「8」。手厳しい"オーガスタの洗礼"を受けてしまった。

 2オン可能なパー5。宮里の第2打は、グリーン奥へと転がった。返しのチップショットは、ボールを上げるか、エッジでワンクッションさせるか迷ったが、ワンクッションを狙って打った。

 しかし、そこで痛い目を見た。ボールは大きくバウンス。そのまま勢いよく転がって、反対の池に落ちてしまったのだ。結局、フェアウェーまで戻って打った第5打をオンさせたものの、3パットして崩れた。

「1番のティーショットはすごく緊張した。体が思うように動かなくて。ショットの調子も悪かったけど、細かいジャッジミスがあった。

 15番は......練習ラウンドでは、あそこはワンクッションで(ボールの勢いを)取られていたのに、今日は(芝生が)硬くなっていた......」

 オーガスタでは"経験が必要"ということが、改めて浮き彫りとなった一打だった。

「なんとかなりそうで、ならなかった」と、初日、2日目も「77」を叩いた宮里。それでも、最後はマスターズでのリベンジを誓った。

「(オーガスタは)攻め方ひとつで、すごく変わっていくなっていうことを痛感させられました。でも、1回はコースを見られた。来年からはここを想定して、これからいろいろなことができる」