2018.03.05

ファンの暴言に激怒のJ・トーマス。
タイガー復調で観客もエキサイト

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ジャスティン・トーマス(24歳/アメリカ)が、ルーク・リスト(アメリカ)とのプレーオフを制して、ホンダクラシック(2月22日~25日/フロリダ州)での優勝を飾った。昨年10月のCJカップ(韓国)に続いて、今季2勝目。ツアー通算8勝目となる。

 今季は、ここまで7戦に出場しているトーマス。2度の優勝を含めてトップ10入りが3回で、ワースト順位がセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズの22位と抜群の安定感を誇っている。フェデックスランキングは、パットン・キザイア(アメリカ)を抜いて1位に浮上。世界ランキングも自身の最高位となる3位まで上がって、その強さを存分に見せつけている。

 トーマスは、昨年8月の全米プロ選手権で松山英樹と激闘を演じてメジャー初勝利。それを含めて昨季は5勝を挙げ、フェデックスカップも制覇して”年間王者”に輝いた。

 その分、翌シーズンではさらなる活躍を期待されて大きなプレッシャーがかかるが、そうした状況にあって「この2勝目は本当に大きい」とホッとした表情を見せた。

 トーマスが掲げた今季の目標のひとつに「安定度」がある。昨季は5勝を挙げたものの、一方で予選落ちが6試合もあったことを悔しがっていた。

 また、”王者”であり続けることはとてつもなく難しい。トーマス自身、「(昨季は)5勝を挙げて最高のシーズンだったから、(今季は)きっともっと上へと、自分への期待度も高くなる。それをどうやってコントロールすればいいのか……」と悩んでいた。

 そこで、トーマスが相談に向かったのは、タイガー・ウッズ(42歳/アメリカ)のところだった。これまでも、トーマスは勝利のたびにフロリダ州ジュピターにあるウッズ所有のレストランで祝勝会を催してきている。