2018.02.22

【木村和久連載】忘れられないあの味。
ゴルフの魅力は「食」にあり!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第143回

 だんだん年齢を重ねていくと、ゴルフの楽しみ方のテイストが変わってきます。昔、こだわっていたのは「スコア」と「飛距離」でしたが、今は「昼食」と「風呂」ですか。

 スコアはいつも90台、たまによくて80台ですからね、代わり映えしません。飛距離なんて、年々飛ばなくなり、「ドラコンを無視」できる心境になりました。

 そうなると、「プレー欲」より「食欲」「癒し欲」が増してきます。とはいえ、お風呂はね、外に滝が見えたところで自分にはあまり関心がないですから、俄然「昼食」が楽しみになるのです。

 日本のゴルフ場のレストランは、総じてレベルアップしています。それは、大手2大ゴルフ場チェーンが平均値を上げたからです。

「鉄人」と名のつく有名シェフ監修の料理を提供したり、女性向けにデザートを強化したりして、万遍なく底上げが図られているのです。

 その結果、他のコースも追随して、味の研鑽に磨きをかけ始めました。

 ゴルフ場のレストランは、地域によってブームや特色があります。

 一時期、千葉の市原方面では「石焼きビビンバ」が流行って、どのコースでも出すようになりました。もとはと言えば、あるゴルフ場が韓国に馴染みのある親会社の意向で始めたもので、それが評判を呼んで、他のコースでも真似し出したのです。

 ということで、私の知っている限りですが、レストランの食事で楽しみなもの、面白いものを列挙してみましょう。