2018.01.19

完全にシードを失った香妻琴乃。
下部ツアー参戦でも必死に前を向く…

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

「若手美人プロ」と、もてはやされてきた香妻も、4月には26歳となる。10代のプレーヤーも続々と台頭している日本ツアーにあっては、もはやベテランの域に差しかかる。もう泣き言は通用しない年齢となるが、それは彼女自身、よくわかっている。

 このオフも、さまざまなイベントに引っ張りだこで、多くのファンの前では満面の笑みを見せていた。だが、心の中では新シーズンでの雪辱に燃えているはずである。

「優勝しか狙っていません」

 これまでも、香妻は何度となくそう語ってきた。その気持ちは今も変わりはない。

 レギュラーツアーに出られなくても、ゴルフをやめるわけではない。今もチャレンジ精神は失ってはいない。今年こそ”優勝”という二文字をつかみ取ることができるのか、香妻の逆襲に期待したい。

■賞金女王の低迷。イ・ボミは燃え尽きてしまったのか>

◆ゴルフの謎。オヤジたちは、なぜ高反発クラブを使わないのか?>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事