2018.01.18

【木村和久連載】オヤジたちは、
なぜ高反発クラブを使わないのか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第138回

 先日、大御所の集まるコンペに参加したのですが、一緒の組になったみなさんが70歳以上の大先輩ばかりでした。おかげで、終始ペコペコと周囲に気を使ってばかりいました……。

 先輩方の中には、年に50回もラウンドしている方もいて、どんなプレーをするのか、チラチラと見ていました。さすが、みなさん手慣れたもので、なかなかいい当たりをしています。

 しかし、そのコンペで回ったコースは距離が結構長かったんですね。400ヤード超えのミドルホールなんてざらにありましたから。

 私にとっては、ミドルホールなら3オンでちょうどいい感じで、それでパーオン扱いといったところでしょうか。そうなると、長いミドルホールなんて、先輩方にとっては4オンでパーオン扱いになります。

 結果、みなさん、ダボとトリプルのオンパレード。110ぐらいは叩いていましたかねぇ。

 歴戦の猛者たちですが、さすがに年齢には勝てません。毎回、私がドラコン状態で、「飛びますねぇ~」と言われて、恐縮するばかりでした。仲間内じゃあ、一番飛ばないのに、70歳以上のグループの中で「飛ばし屋」と言われても……かなり恥ずかしかったです。

 その70歳グループの先輩方が持っていたドライバーですが、古いものもあり、新しいものもありでしたが、決して高反発系のドライバーは持っていないんですよね。あれを使えば、もっと飛距離が伸びると思うのですけど。

 みなさん、お金もそこそこ持っています。”魔法のクラブ”なんか、すぐに買えるのに……。それで「何でかなぁ~」と思いながら、先輩方のプレーを見ていると、あることに気づいたのです。