2018.01.15

433ヤード、驚愕のビッグドライブで、
D・ジョンソンが再び騒動に火

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2018年の年明け初戦、セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月4日~7日/ハワイ州)は、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(アメリカ)がその強さを遺憾なく発揮した。3日目を終えてトップに立つと、最終日もベストスコアの「65」をマーク。通算24アンダーまでスコアを伸ばして、2位に8打差をつける圧勝劇で今季(2017-2018シーズン)1勝目を飾った。

圧巻のプレーで今季初優勝を飾ったダスティン・ジョンソン 強風が吹き荒れ、時折雨も降る厳しいコンディションとなった最終日。ジョンソンは、「リードしていても、いいプレーをしないと勝てないと思った」と、後続に2打差をつけてのスタートであっても、決して油断することはなかった。

「どれくらい、いいプレーが必要なのかはわからなかったけど、昨日(3日目)までと同じゲームプランで攻撃的にコースを攻めた。目標を25アンダーに設定し、『昨年の上海と同じことが起こらないように』ということを意識していた。結果、勝ててよかった」

 試合後、ジョンソンはそう言って胸をなで下ろすと、ホッとした表情を見せて笑みをこぼした。

 ジョンソンが言う「昨年の上海」とは、2017年10月末に中国・上海で開催された、今季4戦目となる世界選手権シリーズ(WGC)のHSBCチャンピオンズでのこと。3日目を終えて2位に6打差をつけていたジョンソンだったが、最終日に「77」と崩れて、最終的に「67」で回ったジャスティン・ローズ(イングランド)に優勝をさらわれてしまった。