2017.11.28

タイガー・ウッズの復帰を大歓迎する
米ゴルフ界。でも本音は…?

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 大会でのプレーにも自信を見せるウッズだが、米ゴルフ界は今回のウッズの復帰をどう見ているのだろうか。

 まずは10月末、ウッズが復帰を発表すると、歓迎ムード一色だった。

「(現在のPGAツアーは)若手がたくさん活躍しているが、タイガーの存在は特別。今も、我々にはタイガーが必要だ」(バッバ・ワトソン。39歳/アメリカ)

「ウッズの復帰は、ファンも選手も皆、待ち望んでいる」(ブルックス・ケプカ。27歳/アメリカ)

 ツアーの仲間たちが次々にメッセージを発信し、以来、メディアでも連日ウッズの状況を取り上げるようになった。その中で、PGAツアーのジェイ・モナハンコミッショナーも喜びの声を上げている。

「ウッズは我々のファミリーの一員だから、今後もずっとウッズを支援していく。ウッズの復帰は、ツアーにとっても大きなプラスだ」

 一方、実際に復帰するウッズに対して、どれほどのプレーが期待されているかというと、表向きの歓迎ムードとは少々様子が異なる。

 復帰したウッズが現在のトッププレーヤー、ダスティン・ジョンソン(33歳/アメリカ)や、"ヤングガン"のジョーダン・スピース(24歳/アメリカ)、ジャスティン・トーマス(24歳/アメリカ)らと互角に戦うことができるか?