2017.11.18

早くもマスターズに備える松山英樹。
超人レベルで「すべてを改造中」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Kyodo News

 試していることの詳細を、松山が口にすることはなかった。2日目はショットも安定していたように傍目には見えたし、長い距離のパットも入っていた。

「(ショットやパットの状態は)ちょっとどころじゃなく、悪い。まあ、ティーショットはよくない中でもミスの幅が(フェアウェーに)収まってくれていますし、少しずつよくなってきている。パッティングに関しては、今日はたまたま入っていましたけど、よかったのは(バーディーを奪った)1番と17番ぐらいじゃないですか。あとは全部悪かった」

 優勝した2014年大会では、ジョーダン・スピースと4日間を回り、デッドヒートを繰り広げた。

 3日目は首位に立つケプカと最終組で回る。メジャー王者との"世界標準"の戦いが再び繰り返されようとしている。

◆この1年「ヒデキ・マツヤマ」は世界でどう報じられたか?>>

■ゴルフ 記事一覧>>

関連記事