2017.10.20

キム・ハヌル、上田桃子、堀琴音…。
女子プロ7名が語る終盤戦の野望

  • 金明昱、古屋雅章●取材・構成 text by Kim Myung-Wook,Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

成田美寿々(25歳)
1992年10月8日生まれ。千葉県出身。今季出場26試合、優勝1回。
賞金ランキング8位(獲得賞金6489万7016円)。

「(今季の)ここまでの目標達成度は60%ぐらい。(シーズン前に)5勝するって言って、まだ1勝ですから。最初に優勝争いをした4月のKKT杯バンテリンレディスで優勝を逃して、5月の(メジャー大会である)ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップでも優勝争いに加わりながら、最終日に崩れてしまった。どちらかで優勝していれば、ポンポンと勝てていたかもしれないけど、そこで(勢いを)一度くじかれて、そこから立て直すのにちょっと時間がかかってしまいました。

 自分のゴルフの平均値は上がっていると思いますが、7月の大東建託・いい部屋ネットレディスで優勝したあとも、まだまだ調子に乗り切れていない。具体的には、ショットがグリーンに乗っていても、ピンに寄せ切れていないとか、パットが決め切れないとか、全体的に詰めが甘い、というのがありますね。

 残り試合は少ないですが、1億円突破を目指していきたい。あと6試合で約4000万円というのはかなり大変ですけど、そのためにも、あと2勝はしたいと思っています。特に、最終戦の(メジャー大会)LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは、絶対に獲りたいタイトル。過去、3位(2015年)、2位(2016年)と来ているので、あとは1位しかないですから」