2017.09.21

【木村和久連載】ゴルフ場を
丸ごと1億円で買うと、どうなっちゃうのか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 独立系コースにとって問題は、メンテナス等の運営面です。いかに必要経費をコストダウンするかですが、そこでは正式なコンサルティング会社が介入してくる場合があります。

 でも、あまりにも同族的、家族的というか、独立系コースの経営・運営実態に驚いて、コンサルティングする側がその話をする前に、「いっそ、何億円で売ってしまったら?」「買い手を探してあげますよ」的な、動きになってしまいがちなんだとか。

 ちなみに、売りに出ているゴルフ場の値段って、恐ろしく安いですよ。基本、メンバーに対する債務をナシにしてあって、つまり会員権の払い戻し義務がないのが理想ですが……。まあ、それがあったとしても、そこはいろいろ条件闘争をして、安く収めていますけどね。

 だいたいゴルフ場って、造るのに最低でも50億円ぐらいかかりましたって時代のものが多いです。その当時、名門コースなんかだとクラブハウスだけで30億円かけて建て替えた、なんて話をよく聞きます。

 それを、だいたい10億円前後で売りに出してしまうのですから、びっくりですよね。遠隔地にある場合だと、3億円とか、1億円とかで売られたコースもあるという話を聞きました。

ゴルフ場が都内の高級マンションと変わらぬ価格で売買されてしまうとは...... 都内の高級マンションを買うお金で、ゴルフコースのオーナーですよ。なんならクラブハウスに住むこともできますから、ちょっとしたお金持ちなら、別荘を買ったと思えばいいんじゃないですか。夢がありますねぇ~。