2017.09.17

ビッグボーナス11億円。松山英樹は
米ツアー年間王者になれそうか?

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 前述したとおり、レギュラーシーズンが終わった時点でポイントレース1位だった松山だが、プレーオフを迎えてからの出来は今ひとつ。メジャー最終戦の全米プロ選手権を5位で終えたあと、明らかに調子を落としている。

 プレーオフ初戦のノーザントラストでは予選落ち。2戦目のデルテクノロジーズ選手権では23位タイに終わっている。それでも、デルテクノロジーズ選手権の最終日に「66」の好スコアをマークしたことは、今後に向けて好材料だ。

「ショットはまあ、上向きです。特にアイアンはだいぶよくなってきました。あとは、ドライバーとウエッジのつながりがよくなれば......。パットは自信がないので、何かひとつ決めたことをやりたい」

 松山自身、徐々に前向きな姿勢を見せ始めている。年間王者獲得へ、期待は膨らむ。

 ところで、日本円でおよそ11億円というボーナスなんて、庶民にはとても想像がつかない金額だ。人それぞれ使い道はあるのだろうが、昨季の年間王者に輝いて、このビッグボーナスを手にしたロリー・マキロイ(28歳/北アイルランド)は、こんなふうに語っている。

昨季、年間チャンピオンとなったロリー・マキロイ昨季、年間チャンピオンとなったロリー・マキロイ