2017.08.15

全米プロ、松山英樹がメジャー優勝に
最も近づいた4日間を振り返る

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

(メジャー優勝への距離は)最後の3ホールまでは近いところにいたので、そういう意味では(今までで一番)近かったんじゃないですかね。ただ、ここまで来た人はたくさんいると思いますし、その先(のプレー)で、勝てる人と勝てない人の差が出てくると思う。(自分は)勝てる人になりたいな、と思う」

 間違いなく松山は「勝てる人」だろう。今季の成績がそれを実証している。さらに今大会の戦いぶりを見て、日本人のメジャー優勝が決して夢物語ではないことを、より多くの人が強く実感したはずだ。

■ゴルフ 記事一覧>>

関連記事