2017.07.25

全英OP、日本中が愕然とした
「痛恨の一打」を松山英樹が振り返る

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

「ショット、アプローチはよくなかった。パッティングに助けられた。(パットは)グリーンの外からでもすごく距離感が合っていた。それを、次に生かしていきたい」

 4日間の戦いを振り返って、松山はまずそう話した。ともあれ、今大会の行方を決めたのは、最終日1番ホールのティーショット。その最大のフォーカスポイントについて、松山はこう語った。

「1番のティーショットは難しいですし、すごく気を使っていたんですけど、やっぱりうまくいかなかったですね。今日は練習場から(ショットの調子が)悪かったですし、とりあえず『フェアウェーに置いておこうかな』みたいな感じもあったんですけど、なかなか......。(ティーショットは)その後もうまく打てなかったですし、大変な1日になった。(ショットが悪かった原因は)昨日までとは、また別物です。

 1番のショットのあとは、うまく切り替えもできなかった。ボギーとか、ダブルボギーで収まっていたら、もう少し気持ち的に(前向きに)狙っていけたと思うんですけど、トリプルボギーでしたから......。それで、うまく切り替えられなかった感じはあります。

(かなり引きずっていたのか?)う~ん......どうにかこうにか、とりあえず今日、早くパープレーまで戻したいなという気持ちがあった。それができなかったのは、自分のせい。自分の技術のなさです」

 周囲はもちろん、自らも期待して臨んだ今季メジャー第3戦。その分、ショックも大きかったのだろう、松山は今大会を総括して「残念な1週間だった」と憮然とした表情で言った。