2017.06.30

【木村和久連載】タイガー・ウッズ逮捕
に思う、飛距離志向にはご用心

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 そもそも練習嫌いで、ゴルフにおいては努力も嫌い。そんなですから、「飛ばなくても結構」と思うようになったのです。いつの間にか歳をとって、「飛距離を伸ばす」という攻めの思想から、とりあえず「ゴルフのできる体を維持する」という守りを固める戦略が先決になった、とも言えますけど。

 さて、こんな状況で我々がやるべきことは何でしょうか?

 ゴルフの練習については回数を半分に減らして、その分、ストレッチや体操、ヨガみたいなのをやったほうがいいです。それほど練習場にはいかないと思いますが、仮に週1回は練習場に行くなら、それを隔週にしましょう。そうして、余った時間を健康維持、体質管理、ストレッチなどの時間に費やす。これが、正解だと思います。

これからもゴルフを長く楽しむためには、飛距離アップより、体のケアを大切にしましょう 最近、五十肩をやらかしたおかげで、ストレッチはほぼ毎日欠かさずやっています。大したことではないのですが、肩の回転をよくする『コッドマン体操』をやっています。

 これは、ダンベルなどを握って、腕をぶらりと垂らす運動です。ダンベルの重みで肩の筋が伸びるという、簡単な原理の運動です。