2017.06.17

原江里菜、渡邉彩香、香妻琴乃ほか
12名が語る「私にとっての宮里藍」

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • スエイシナオヨシ、Getty Images●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi,Getty Images

「先輩」宮里藍を尊敬している原江里菜原 江里菜(29歳)
1987年11月7日生まれ、愛知県出身。今季賞金ランキング45位。
2007年ツアーデビュー。ツアー通算2勝。

(引退することを聞いて)まずは、責任感がすごく強い人だなって改めて思いましたね。私たちとは背負っているものが違うし、自分が求められていることの高さがわかっているから、それに対して「自分ができるのか、できないのか」ということを、自分なりに冷静に判断しているんだなって。傍から見たら、まだまだやれるじゃないかって思うかもしれないけど、自分が求めている姿がそこじゃないと思える時点で、すごくストイックな人だなって思って、さらに尊敬する気持ちが強くなりました。

――以前、成績が出ないときでも試合に出続ける大切さについての話を聞いたことがあるが。

 それは、藍先輩に「江里菜は成績が出ていないときでも、試合に出続けていることが偉いし、それはすごく大事なことなんだよ」って言われました。藍先輩のお父さんがそれと同じことを藍先輩に言っていたみたいで、それを私にも伝えてもらった。だから、私も(不振な状態のときでも)試合に出続けられたんだと思います。

――原選手が苦しい時期を過ごしていた森美穂選手に伝えた言葉もある。

 そうです、それも藍先輩に言われた言葉です。「人は『できない、できない』というけれど、それは”できない”のではなくて、途中で諦めてしまうから”できない”んだよ。だから、最後まで諦めなかったら、人は何でも成し遂げられるんだよ」って。それが、私の中では本当に強く心に残っていて、私自身、不調の時期を(その言葉によって)乗り越えてこられた。だから、その言葉を森美穂ちゃんに伝えたんです。

◆『宮里藍と歩んだ戦友たちの思い。「すべてが完璧」と上田桃子は言った』を読む>>

【フォトギャラリー】
原江里菜、渡邉彩香、香妻琴乃ほか 12名が語る「私にとっての宮里藍」

■ゴルフ 記事一覧>>

関連記事