2017.06.08

【木村和久連載】待望のゴルフ倶楽部
会員となった「メンバーあるある」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 プレーにおいてもメンバーは、ビジターに対してさりげなくメンバーであることを強調しがちです。例えば、「スコアカード、持った? 今日はインスタートだから、アウトにスコアを書かないでね」とかね。

 これくらいで済めばまだいいほうです。「インスタートは、右がOBで左はワンペナ。左のバンカーは230ヤードで入るから、普通は刻むけど、キミならたぶん届かないから、マン振りしてもいいよ」と、少し上から目線になることがしばしば。そういうのは、ちょっとイラッときますね。

 さらに、プレー中は目土袋を持って、せっせとディボット跡に砂をかけて補修します。「いやぁ、自分のコースだと思うと、なんかねぇ。大事にメンテナンスしなきゃって思うんだよね」......って、人間変わるものですな。ビジター時代は、目土袋の存在すら知らず、ディボットを作ってもガン無視して平気でプレーしていたのに......。

 勢い余ったメンバーさんなんて、ビジターがフェアウェーから打つとき、シャベルに砂を持って待機したりしていますから。そしてゲストが打ち終わると、「はいはい、ダフったら砂をかけましょう」って、これみよがしにディボット埋め作業にかかります。勝手にやってくれるのはありがたいことですが、毎回これってうざいですよね。ダフるのを待たれても、なんだかなぁ......です。