2017.06.04

米ゴルフ界も騒然。引退を決めた
宮里藍とPGAツアーの関係を振り返る

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 その翌年、宮里藍は米女子ツアーでついに初優勝を遂げた。さらに2010年には年間5勝を挙げて、自身が世界ランキング1位の座に就くことになった。マスターズでウッズの所作を目の当たりにしたことが、彼女に少なからず影響を与えたことは間違いないだろう。

「モチベーションの維持が難しくなった」と、31歳で引退を決めた宮里藍。しかし、「メジャーで勝ちたい、という気持ちは変わっていない」という。その辺りは、どこかウッズに似ているような気がする。

 今季、女子メジャーはまだ4試合残されている。最後だと思って、彼女はきっとがんばるはずだ。

 何かミラクルが起こるのではないか――そんな予感がするのは、私だけではないかもしれない。

■ゴルフ 記事一覧>>

関連記事