2017.06.04

米ゴルフ界も騒然。引退を決めた
宮里藍とPGAツアーの関係を振り返る

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 彼女が特に関心を持っていたのは、「試合に入る前の練習の仕方や、ショットを打つ前のルーティン」だった。「それらをじっくり見たい」と語っていた。

 実際、宮里藍は早々に練習場に到着すると、一番前の席に陣取っていた。ウッズが練習場入りするや、その姿に釘づけとなって一挙一動に見入っていた。

 さらにラウンドが始まると、今度はコースに出て1番から最終ホールまでウッズについて回った。ウッズの組はパトロンが最も集まって、観戦するのは本当に大変なのだが、宮里藍は小さな隙間を見つけてはウッズのプレーを注視。ひとつ、ひとつのプレーを、まさに食い入るように見つめていた。

 その年のマスターズでは、ウッズは「パッティングの不調」で勝てなかった(2位)。そんな苦悩するウッズの姿を、宮里藍も目の当たりにしていた。そして彼女は、世界最強のウッズでも「パットが入らないと、ここでは勝てないのだな」ということを痛感した。

 のちに彼女は、このときのことをこうも語っている。

「タイガーは、パットのフィーリングが悪そうだった。でも、そのときにどうやって気持ちを切り替えているのか、プレーの合間にはどんなことをしているのかを、よく見てきました」