2017.05.02

下部ツアーにも出られない。
どん底にいる堀奈津佳は今、何を思うのか

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 それでもこのオフ、浮上へのひとつのきっかけをつかんだようだ。「調子が悪い原因を整理したことで、練習にも集中して取り組めるようになった」という。

「調子が戻らない原因については、いつも考えてはいます。特にこのオフは、たくさん考えました。そして、(ひとつの)考えがまとまりました。ですから、今は悪い部分をひとつひとつ整理して、その原因が何なのかわかったうえで練習に取り組めています。

 アプローチとパットはそこまで悪くないので、とにかくうまくいかないのはショットなんです。それが気になりすぎてパットにも集中できず、入るものも外してしまったりして、すべてがバラバラに……。それで、ショットで『球がしっかり芯に当たらないからどうしよう』と(プレー中に)考え込んでしまうことも改めるようにしました」

 年間2勝を挙げて、一気にスポットライトを浴びた2013年について、堀は「出来すぎだった部分もあったと思う」と語った。

「それでも今はまた、ゲームに集中することによって、(自分の)本能的な部分が出せるようになってきたのかな、と思います。楽しく、本能的にゴルフをするというか。それで、いい結果も出始めているので、それは間違っていないんだろうなと思っています」

 話を聞く限り、自分の置かれた状況をそこまで深く悩んでいないのかもしれない。それについて聞くと、堀は自らの性格が「忘れっぽいし、悩まないし」と言って、こう続けた。