2017.04.30

幸せそうだった…らしい。マキロイの
挙式はSNSも禁止の超厳戒態勢

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 また、英国の人気ボーイズバンドである『ワン・ダイレクション』のメンバー、ナイル・ホーランらも出席。途中、スティービー・ワンダーがゲストとして登場し、歌を披露するパフォーマンスもあったという。

 招待客の数は、総勢200名。マキロイの多彩な交友関係が公になるとともに、パーティーの合間には花火も打ち上げられ、今回の挙式に要した費用は120万ドル(約1億3000万円)に及んだと言われている。

 この”一大セレブ”の集まりに、現地では前日から厳重なセキュリティー体制が整えられて、物々しい雰囲気だったという。そんな中、多くの参列客はヘリコプターや黒塗りのリムジンで会場入り。森に囲まれた美しい中世のお城で、セレブたちが極上のひとときを過ごしたようだ。

「ようだ」というのには、理由がある。このウエディングは超極秘裏に行なわれ、メディアには一切公開されなかったのだ。招待客がSNSにアップすることを懸念して、スマホの持ち込みも制限。この挙式についての、取材を受けることさえ、固く禁じられていた。

 ゆえに、中の様子をうかがい知ることはできないのだが、そこはパパラッチの本場。英国のメディアたちは簡単には諦めなかった。出入り口で待ち伏せするなどして、ハリントンやマキロイの両親の姿はキャッチした。しかしながら、肝心のカップルの姿をとらえることはできなかったようで、いまだにそうした画像は世に出回っていない。